横浜スタジアムで外周がつながる600メートル「Yデッキ」が完成

横浜ベイスターズの親会社であるDeNAと株式会社横浜スタジアムは「コミュニティボールパーク化」構想に基づく2020年改修計画の第3弾で2017年3月より稼働された内野部分と外周(横浜公園内人工地盤エリア)部分にある「Yデッキ」を横浜スタジアムの外周を1周可能となるような形で大きく拡張したことをプレス発表しました。この「Yデッキ」という施設は全長が約600メートルとなる施設であり3月24日から稼働開始するということです。

Yデッキ
横浜スタジアムへの来場者の回遊性向上や場内コンコースの混雑緩和を目的として新たに整備した回遊デッキをベイスターズの試合開催日のみ場内として、その名称はそのまま
「Yデッキ」として運用する。ベイスターズの試合が開催されない日には、誰でも利用可能な横浜公園内通路となる。また第4弾としてDREAM GATE STAND」というフォトスポットを「Yデッキ」内に新たに設置することも同時に発表しました。

※回遊性:買物客等が店舗内や商店街を歩き回ること。