横浜みなとみらいホールが今年の公演概要を発表

横浜みなとみらいホールは2月19日に2020年度の公演概要をプレス発表しました。

その内容ですが、昨年の秋の公演で評判となった横浜市内の教会や学校とコラボした「パイプオルガンと横浜の街」(5月20日より)や映画音楽をテーマとした「横浜シネマパラダイス」(5月26日)などの、地元横浜独自の魅力を生かした公演を張るには企画。
秋にはベートヴェンの生誕250年を記念して「第九」コンサートも行わます。

また横浜みなとみらいホールは4月1日付で、13年間にわたって館長を務めた作曲家の池辺晋一郎氏が退任して、新井鷗子氏が新館長に就任する予定となっています。
1989年に開催された横浜博覧会の音楽担当より「みなとみらい」に携わってきた池辺晋一郎氏は「自分は横浜地区に携わることが運命であったと感じている。新館長が未来を築いてくれると信じています」と新館長を応援するコメントをしました。

さらに横浜音祭りのディレクターも務める新井氏は

横浜は市民活動としての音楽の演奏等が盛んに行われているイメージ」と話し、来年1月から2022年10月まで行われる改修工事に伴う長期休館を踏まえて「VRや5Gの技術を使い学校や病院にホールをまるごと再現するなど、休館中だからこそ、それを逆にバネとして横浜みなとみらいホールのファンを増やしていきたい

と述べた。

また横浜みなとみらいホールでは新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために館内のアルコール消毒液を万全に準備することや出演者への感染防止策を実施する旨も発表。
2月26日には、3月14日までに予定されている主催事業を中止することも公表されました。

横浜みなとみらいホール

1998年6月に開館された横浜市西区みなとみらいのクイーンズスクエア横浜内にある
市営ホール。大ホールは収容人数2020席、小ホールの収容人数は440席。

横浜開港祭支援の吹奏楽イベントである「横浜開港祭 ザ ブラス クルーズ」や「オルガン1ドルコンサート」「昼どきクラシック」等の主催公演や貸館によるコンサート等も多数開催されている。

また、神奈川フィルハーモニー管弦楽団の定期公演や日本フィルハーモニー交響楽団、び読売日本交響楽団の横浜定期公演の開催場所にもなっておりテレビ朝日で放映されている音楽番組『題名のない音楽会』の収録にも使われている。

●横浜高速鉄道みなとみらい線 みなとみらい駅下車 徒歩3分。
●JR根岸線・横浜市営地下鉄ブルーライン 桜木町駅下車 徒歩12分。