横浜港にもかつて砲台がありました

幕末に黒船等の外国船から国土防衛するのための大砲設置台として日本各地になんと1,000件ども作られたのです。この神奈川にある砲台「台場」・神奈川台場(横浜市神奈川区)は、横浜が開港される1859年に着工され翌年には完成しました。この台場は開国後の竣工なので他の台場とは違って国際港として外国の貴賓が港に入った際に祝砲を上げる等の外交儀礼で活躍するための機能がより重んじられ、攻撃のためには一度もその砲弾が放たれることはなかった。

明治初年の神奈川台場(山本博士氏所蔵)

この神奈川台場の歴史を知ってもらおうと、公益社団法人「神奈川台場地域活性化推進協会」は9月1日、子供さんを対象に発行される冊子『神奈川台場物語』を刊行。同月25日には、神奈川台場の遺構が存在する地域を学区に持つ横浜市立幸ヶ谷小学校の6年生全員にこの冊子を寄贈するセレモニーを行った。

■「かいしゅうくん」と神奈川台場の歴史的経緯は

『神奈川台場物語』2018年9月 公益社団法人神奈川台場地域活性化推進協会刊

『神奈川台場物語』はA4版32ページというの構成で、この台場を作った江戸幕府の役人の勝海舟をモデルにした当地キャラ「かいしゅうくん」が、19世紀末の神奈川台場の成り立ちから現在までの案内。そのページごとにわかりやすく解説が掲載されており、かいしゅうくんのセリフを追うだけでも、その全体の理解につながります。
さらに子供達で読みやすいようにとルビがふられている他に子供達とご家族でともに
町歩きに行けるお手伝いにと散策マップも掲載され古写真や古地図などの豊富な資料によって大人でも楽しめる内容となっている。

さらに地元である神奈川の台場地域活性化推進協会が、横浜開港資料館の西川武臣館長と共に執筆して公益財団法人「横浜市ふるさと歴史財団」によって監修された
『横濱』という季刊誌でその名を知られる株式会社「ウィンダム」が務めました。「かいしゅうくん」のキャラクターをデザインされるにあたって
勝海舟の玄孫である高山みな子さんに監修を依頼して「子孫のお墨付きのキャラクター」が生まれたのです。

■各所に残る「神奈川台場」の痕跡
神奈川台場は1860年において落成されました、同年8月には松山藩主である久末勝成が完成した台場を視察したという内容の記述が当時の古記録記載されています。

また同推進協会の理事長である山本博士さんはこのようにコメントしました
「交易・外交のための施設として利用された神奈川台場は100戸足らずの小さな漁村だった当時の横浜エリアを開港後には日本でも指折り数えられる貿易港へと導いた歴史を語る貴重なものですね」だと話しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする